こずぶろ

日々思ったことを書き出したものです。

マップカメラが俺に無金利ローンを組めと囁いている

APC-S>>>>(越えられない壁)マイクロフォーサーズ

 カメラ屋のマップカメラが9月30日まで、24回払いまでの無金利ローンキャンペーンをやっている。

 先月、約2年間使ったペンタックスのQ7からパナソニックのGM1(ヨドバシ展示品2万円)に買い替えたばかりだが、早速画質に不満が。会社のカメラ・キヤノンEOS-Mの画質に、マイクロフォーサーズAPS-Cの越えられない壁を感じてしまったのだ…。

 

マイクロフォーサーズに投資しても無駄

 GM1を買ったときは、Q7より断然センサーデカいし、小型軽量だし文句なしと思っていた。レンズキットを2万円で入手し、あとはせいぜい単焦点買えばそれで終わりというつもりだった。しかし、Q7と違いGM1(マイクロフォーサーズ)はレンズがたくさんあって、同じ焦点距離をカバーしているものも、いいものは10万とかしちゃう。選択肢があることによってあれもこれもと欲が出て不幸な道を辿りそうになってしまった。そんな中、同じミラーレスのEOS-Mの画質を見て、「これに投資する価値ないじゃん」ということに。

 

一番デカいのがほしくなるのは当然の流れ

 そうして、センサーはデカい方がいいという考えに至り、フルサイズミラーレスのソニー・α7Ⅱがほしくなったという流れ。α7シリーズは7Sの高感度特性が気になっていたけど、実際の使用ではそこまで使わなわないだろうし、7Ⅱの高感度撮影でも全然問題ないはず。それと7Ⅱのボディ内手ぶれ補正機能や改良されたボタン配置などが他のα7シリーズ(バカ高いα7RⅡを除く)より圧倒的アドバンテージに思え、選ぶ決め手に。高画素の7Rはブレに対して気遣う必要があり気軽さがないので選択肢から除外。

 実はGM1を買う以前から、α7シリーズやキヤノンの一眼などの中~上位機種がほしいと思っていたのだが、持ち出す機会は少なそうだし…と尻込みして眺めるだけだった。でも、GM1への不満から、APC‐Sのミラーレス(α6000とかX-T1とか)を触ってみたけど、大きさ的に「だったらもうα7でいいじゃん!」と。

 そこで目に入ったマップカメラHPの「無金利ローンキャンペーン」の文字。これはもう買うしかないんじゃないかと。レンズを揃えるお金はないので、標準レンズ1つ買ってしばらくはそれ使おうと思う。画質がほしい場面はそれでほぼ問題ないだろうし。

 今日、ヨドバシアキバで各カメラを現物チェックしてみたけど、操作性も見た目もα7Ⅱが一番気に入ったので、機種に対する迷いはない。ただ、30万近い買い物になるという事実が重い。いくら無金利ローンだからって、高いものは高い…。高いものを買うためのローンか…。それが無金利なんてお得……今だけのキャンペーン……この機会を逃すのは損………買うしか………

 トータルで50時間くらい悩んでる気がするので買って終わらせた方が心身にいいし経済も回るし働く理由も出来るしカメラも手に入るし良いこと尽くめ。買う以外に道はない!