読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こずぶろ

日々思ったことを書き出したものです。

X-T1が欲しくなってる

α7Ⅱの宣伝されてる感に気づいたというか、乗せられてる感に不安を持ち、お店に。

ビックカメラの店員によると富士フイルムのX-T1の方が画質の綺麗さではα7Ⅱより上に位置されているとのことを聞く。

なんでも、センサーサイズがデカくてもレンズとプログラムの関係でAPC-Sでもフルサイズを上回るらしい。

確かにソニーのレンズはバカ高いし評判が微妙だったりする。そこは自分で確かめて決めるべきことだが。

 あと、α7Ⅱを思いとどまったのはレンズのデカさもある。ボディが小さくてもレンズがデカいので、全体的にかさ張るのが気になっていた。

なので、APC-SのX-T1にさらに魅かれた流れ。防塵防滴なのもあるし、操作系がカッコいいのも魅力的。

富士フイルムは印刷時の発色に定評があるので、仕事でもメリットがある。

などと自分を説得し始める。

店員にレンタルできることを聞き、金曜日に3時間ほど東京ミッドタウン富士フイルムサービスセンターでレンタルしてみた。当日返却無料で、一泊だとボディ約3000円、レンズ一本約1000~2000円かかる。一泊しちゃうとローン支払い一回分くらいになるので短いけど当日レンタルで。

ファインダーのあるカメラを外でがっつり使うのは初めてだったので、よく言われる利便性を理解。

あと、35㎜が人の目で見たものの大きさと同じという意味が初めてわかった。

やっぱりファインダーついてるカメラ使わないとダメか~って思う。

でも、GM1も結構楽しくなってきて、GM1でも趣味は十分かな~っていう気もしている。

以下、今日秋葉原で撮った写真を加工したもの。

f:id:cozeck:20150913035235j:plain

f:id:cozeck:20150913035315j:plain

神田明神のは高感度ノイズ酷いけど、かなり暗い場所なので仕方ない。換算40mmF1.7の単焦点

レジャーランドの方はキットレンズで。なんか、資料的なイメージで。

 

とりあえず買うぞー‼っていう熱は冷めつつあるが、自分の中で買うことが決定したものという枠にシフトしているような気もする。買うかー。