こずぶろ

日々思ったことを書き出したものです。

ランニング始めようと思ってるなら今すぐ外に出て走れ

ランニングブームからだいぶ数年経ちましたが、一過性に終わらずにまだジワジワ広がってる気がします。

僕は皇居ランが話題になったくらいから「全然運動してないしランニング始めよ~」と心の中で事あるごとに思っていたものの、一度も走ることなく現在に至っていたタイプです。

 

「ランニングする服がない」じゃねぇよ!!!

走らなかったのはウェアを買うのが億劫だったからです。「せめてジャージとかウィンドブレーカーとかほしいよな」と思いながらも、なんだかんだ5000円くらいするので、「ちょっと走りたいだけなのに5000円は高いわ~」と何度も先送りして来ました。

 

ソシャゲをやめて「Nike+ Run Club」アプリで走行距離を競え

共通のスマホゲームをプレイしてる友達が、ある日「Nike+Run Club」を入れてランニングを始めたのですが、その理由が「ソシャゲの成果競ってるよりリアルのこと競った方がまだ有意義かな~って」という、ぐうの音も出ない辛辣なものだったので、僕の重い腰も吹っ飛びました。

 

適当な服に着替えてとりあえず外に出ればほぼ完了している

とりあえず持ってる中で一番ランニングに適した服装(薄手のパーカーと夏用の7分丈くらいのズボン)に着替えて家の外に。家の外に出てしまえばもうランニングは完了したも同然。そのまま走り出せば、「せっかく走り出したし…」となんやかんや15~20分(2~3キロ)走っちゃいます。
ランニングを踏み止まっていた理由がもう一つありました。「30分から効果が出始める」みたいなやつです。
何もしないより10分でも走った方がなんかしらの効果があるに決まってます。実際、体感的には20分くらいでめちゃめちゃ効果ありました。
普段ほぼ全く運動してないので、初回に近いほど効果が強かったです。ヤバい薬か。

・発汗したことで肌が蘇える
・寝つきがよくなり目覚めもよくなる
・有酸素リズム運動で脳内物質が出たのか「また走りたい…!!」という欲求が湧く
・体の芯が冷えにくくなる

 

今まで格好を気にしていたのは無駄だし自意識過剰でした。自分のペースでゆっくり走る程度なら普段着で十分だし、ランニングしてる人なんて他人から見たらただの風景です。どんなダサい不審者みたいな服装でも、走ってると細かいこととかどうでもよくなってきて、むしろもっとダサくて怪しい格好で走りたくなってきます。
でも、夜に人通りのない道で通行人一人が歩いてるシチュエーションに出くわした際は、本当に不審者っぽいとお互い気まずいので無難にダサいのがベストです。

あと、シューズだけはランニングに適したものを買った方がいいと思います。カラーのものだとランナー感が出るので服装がダサくても「あ、ランニングの人か」と認識されるのでオススメです。たぶん。
高いのじゃなくても全然問題ないです。僕は前に買ったアディダスのレスポンスstability5とかいう5~6000円くらいのやつを履いています。お店で履いて足に合ったものを選ぶのが一番です。靴屋さんも「靴は値段じゃなくて足に合うかどうかが重要」と言ってましたし。

 

以上、3週間でまだ5回しか走っていない男の「ランニングはこんなに素晴らしい!」という気持ちでした。