こずぶろ

日々思ったことを書き出したものです。

バイクカバー 安さ重視で選ぶならこれで十分

雨除け、目隠し用途なら1699円の安カバーで十分

Amazonで売ってる1699円の安カバー

11月初めから使い始め、1カ月使用してみてのレビューです。

当初は安っぽいなぁ失敗したなぁと思いましたが、求める機能は十分に果たしてくれていて、悪くないです。

 

買った日の感想↓
cozeck.hatenablog.com

 

安くても防水性はしっかり

長雨に晒されても、今のところ撥水性は健在。
生地がたわんでいると水が溜まるくらいに、中に水を通しません。

乾きやすさもなかなか

撥水性がいいので、表面はすぐ乾きますし、そもそも生地が薄いので、じっとりと湿ってしまうことはなさそうです。

車体全体を覆うサイズで盗難抑止効果あり

バイク型に裁縫されていないのが残念ポイントですが、車体はタイヤまですっぽり覆うことができるサイズで、前後はゴムでしぼむため、車体の下まで綺麗に隠すことができます。
黒いカバーなので目立たないのもいいです。
前輪側にはチェーンを通す穴もあり、安いなりに気が利いています。

 

高いカバーを買うより、安いカバーを消耗品として使う方がいいと思う

バイクカバーって完全にサブのサブじゃないですか。
防犯面や綺麗に維持するために使うものだと思うんですが、それだったら、今回の激安カバーで十分だなと思います。

僕は最初、難燃素材で生地が厚くてベンチレーション効果を謳っててエンジン切ってすぐカバーかけても溶けない、みたいな、いいやつを買いましたが、8000~9000円した記憶です。

でも、1年くらいしたら撥水効果は落ちるし、穴は開くし、地面に擦れる部分は破れてくるしで、最終的にはただ目隠し布でしかありませんでした。
バーにお金を回すほど余裕がないってことです。

バイク雑誌でたまに、「バイクカバーのメンテナス」的な記事がありますが、わざわざツギハギ当てたり、シャワーで洗ったり、防水スプレーかけたり、そんな手間かけられなくないですか? 僕はそこまでするメリットを感じられません。

なので、2000円しないくらいの安いカバーを1年サイクルくらいで買い替えていった方が、ちゃんとカバーとしての効果を発揮させつつ、気持ち的に負担なく交換できていいなと考えてます。

こだわる部分と割り切る部分を自分なりに線引きして、自分に合ったスタイルを見つけていきたいと思いますね、受け売りでなく…。

 

 

追記:2018/09/05

西日本に大きな被害を出した台風21号の影響で、破れました。

f:id:cozeck:20180906015310j:plain
f:id:cozeck:20180906015303j:plain

(生まれた…)

 

使用期間は約10ヶ月。

ですが、よほど強い風が吹き荒れたりしなければ、まだまだ使えていたはず。

バーの下から風が吹き込んで破れたと思われるので、バタつかないようにロープで縛ったりしていれば、破れずに済んだでしょう。

撥水効果はまだ持続していたので、またリピートします。