読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こずぶろ

日々思ったことを書き出したものです。

ヘンだけど妙に気になるバイク Sachs BikeのMadAss125

f:id:cozeck:20160629011246j:plain

バイク屋さんに並んでいて「ナニコレ」となったのがこちら。

ドイツメーカーSachs Bike(ザックスバイク)のMadAss125だそうで。

自転車みたいな細い車体はもちろん、縦に並んだ2眼と、シートの後ろに一本飛び出たマフラーに妙に魅かれます。

 

 

気になって店員さんに「こんなのあるんですね」と聞くと、

「正直、乗りやすくはないですね」とのこと。

 

でも、このルックスと125ccの実用性(原付は30キロ制限や二段階右折、二人乗り禁止など制限が多く不便)はなかなか魅力的ですよね。多少の乗りにくさは愛情でカバーできますよ。値段も外車にしては手ごろですし。

 

バイクに乗る前は「バイク乗る人って美的センスがおかしいよ…」って思っていたので、今自分がこれを「ヘンだけどカッケ―!」と思ってることに一抹の不安を覚えますが、今の僕がより真理に近づいていると考えるのが妥当でしょう。

 

【参考リンク】

Sachs BikeのHP(英語)

SFM-Bikes - MadAss - MadAss 125

 

HPにリンクがあった紹介動画

www.youtube.com

 

 

知らないカッコイイバイクを知るのは楽しいです。

あと、6月25日に発売したバイク漫画『グッバイエバーグリーン』がめちゃめちゃ面白いです。一回読んでそのあと数分余韻に浸り、もう一回最初から読み直しましたよ。

バイクの出てくる映画だと『世界最速のインディアン』というのが好きなんですが、そういう感じの作品をいっぱい見ていたいです。二番煎じでも三番煎じでも出がらしでもよいので、バイクのある日常を延々と見せられたい願望がありますね。